2018/06/25

ヤブレガサではありません

ヤブレガサとよく似ていますが少し違います。…奥のヤブレガサと比較してみてください。葉の付き方とギザギザの数に違いがあります。漢字では「山大明傘」と書きます。

ヤマタイミガサ3
スポンサーサイト
2018/06/23

サカキの枝の下に潜り込み、香りのシャワーをたっぷり浴びました

境内の陽当たりのよい所から咲きはじめています。そして、陽当たりの良い所程花数が多いようです。
かおりに誘われ、いろいろな種類のハナバチが沢山、夕方まで盛んに活動していました。
サカキ、マサカキ、ホンサカキとも言われています。

サカキ
2018/06/19

梅雨時のせいか、濡れて花が重たそうです

和名は花が紫色で、形がサギ(鷺)に似ていることから。雨上がりだったので花もうつむき加減です。花に触れると閉じる柱頭運動、、、花粉を積極的に取り込み受粉を促す役割をするそうです。

ムラサキサギゴケ
2018/06/13

花数が少なめですが、クモキリソウです

淡緑色のクモキリソウを見つけました!花の1つひとつが蜘蛛に似ているのが名前の由来のようです。本来はもっと花数が多いようですが、同様の花があちこちに観られます。

クモキリソウ
2018/06/09

中国でも傘の名前です…「兎児傘」(兎の子どもがさす傘)

沢山の花が集合しひとつの花らしくみえるのが菊科の特徴だそうです。早春の若芽は可愛らしかったですが、今は80㎝~1mになり葉っぱも大きいです。

ヤブレガサの花