2018/02/17

さて、杉の子がいる「ここ」はどこでしょう?

山盛りの杉の実が落ちてはあちこちに芽を出していますが、こんな所にも芽を出しています!
とてもかわいいのですが残念ながら、ここでは大きくなれない場所です。でも、しばらくはミニ盆栽のように眺めていられそうです。ぜひ探してみてください。

杉の子4
スポンサーサイト
2018/02/12

木の「かをり」が漂っています

昨日(11日)保存会メンバー(百目鬼区)と宮司さん夫妻でチップを敷きました。ぬかるんだ所もありましたが、白いきれいな遊歩道になりました。「木のかをり」に包まれながらの作業は、疲れましたがすがすがしい気持ちでできました。かをりのつよい今、是非散策してみてください。

遊歩道のかおり6
2018/02/07

境内の表と裏

スミレを見付けた日は関東でも大雪が降った2日後でしたが、そこは春が来たようでした。今回の境内裏の雪景色は2週間も経っていて、まだまだ冬の感じです。日向と日陰ではこんなに大きな差があるんですね。

境内裏
2018/02/02

保存会の会員さんより 原種シクラメンを先着30名様にプレゼント!

会員さん(大島さん)の自宅横の、杉林の中で栽培している原種シクラメンです。2012年に種を蒔いたもので、見事に咲いている下の写真は、昨年の3月10日ごろだそうです。種をばら蒔きしてこんなに綺麗に咲くなんてすごいですね。
鉢で育てている3年~4年ものの原種シクラメンを30鉢、寄付してくださると言うのです。今年は寒いので少し遅れるかも知れませんが、興味のある方は是非お越しください。あったかいとん汁も用意してお待ちしています。

⭕日時 30年3月3日(土)午前11時~
⭕場所 岩戸別神社 境内

※先着30鉢ですが、一家に一鉢とさせていただきます。
※神楽殿の南側に、昨年種を蒔いた原種シクラメンがかわいい芽をたくさん出していますので、遊歩道の散策時などにはこちらもご覧ください。

原種シクラメン
2018/01/31

タチツボスミレ?アオイスミレ?

境内の駐車場に登って行く途中の、日当たりのよい斜面に咲いていました。茎に毛がないのでタチツボスミレかと思うのですが、図鑑で調べると毛のあるアオイスミレは、山野の日当たりのよい所や、やや湿った林内にはえ地上茎は地面をはう…とあります。なんだか、こちらのような気もします。でも、決め手は「毛」になるのでしょう。
図鑑では、驚く事に62種類もありました! 名前を付けるのも大変ですね。タチツボスミレだけでもオオ、ニオイ、オオバ、ナガバノ、テリハ、エゾノ、アイヌ…にタチツボスミレがつきます。その他、地名でスミレの上にシレトコ、シコク、アリアケ、オキナワ、ヤエヤマ、リュウキュウ等が付いているのもあります。似ているけど少しずつ違う…全国どこにでもある身近な花と言うことなのですね。

タチツボスミレ