FC2ブログ
2018/11/10

紫色の花弁と頭花の黄色が鮮やかです

野菊…と思ってしまいましたが、ノコンギクを改良した園芸種で「コンギク」だそうです。ノコンギクとヨメナはよく似ていて混同するケースが多いそうですが、それは種内の環境変異と遺伝的な突然変異が大きいようです。

コンギク
スポンサーサイト
2018/11/04

かつては水田周辺やため池の堤防などに沢山自生していました

近年、野山に自生するリンドウは少ないようです。花は晴天の時だけ開く釣り鐘型のきれいな青紫色で、群生せず一本ずつ咲く姿から花言葉は「悲しんでいるあなたを愛する」とのことです。

リンドウ
2018/10/28

葉がフキとよく似ていますが別属で、冬も葉が茂る常緑多年草です

菊に似た黄色い花をまとめて咲かせているツワブキですが、有毒なピロリジジンアルカロイドという物質を含んでいるそうです。
ツワブキ
2018/10/22

林の中でマムシグサの実が目立っています

マムシグサの雌株です。ウラシマソウと同じサトイモ科で、小さいうちは雄株でしたが大きくなって性転換し、雌株になったものです。

マムシグサ
2018/10/14

幹にカミソリの刃のようなものが付いているので、「カミソリの木」とも呼ばれています

ニシキギです。まだ紅葉していませんが、「ニシキギ」の名前の由来は紅葉する様子を錦の織物に例えているようです。「五色木」とも呼ばれているそうです。紅葉が楽しみです。

カミソリの木